ぼっちママは猫が好き

猫好きシングルマザーの雑記です。主に猫のことや子育て、日常の出来事などをマンガで描いたりしてます。

それいけNNN 未知との遭遇その2

ようやく痛みがひきました(*^^*)

でもまだ指に違和感が・・・。

骨こそ折れなかったけどガッツリ挟んじゃった

ので、感覚まで完治するのはまだ先かな・・・。

とりあえず絵は描けるようになりました(≧▽≦)

 

いや~中指って普段すごい使ってるんですね。

みなさんも気を付けてくださいね(;^ω^)

 

 

 

今回は前回の続きです。

 

前回はこちら

www.poponta.blue

 

 電気設備課の話をしただけで、なんの進展もない回でした(;^ω^)

電気設備課のK

 上の絵はストーリーとは関係(少しあるけど)ありません。

 

 

猫マンガ「それいけNNN 未知との遭遇その2」

「地球人は文明の低い人種のようだ。我々に有利に条約を結べそうだな」とほくそ笑む宇宙人

「ちょっと待ってください。あなた方は誤解されてるようだ」と言いながら現れたK

「あれは我々の下僕です」宇宙人にそう教えるK

証拠VTRを見せるKと納得する宇宙人

そのうえ自分たちだけではつけないエアコンを猫のためにつけているのを見て驚く宇宙人

 

 

なんと…もう一回続いちゃいます!!

 

思ったより長くなりまして・・・。

もう少しお付き合いください(;^ω^)

 

 

さて地球にやってきた宇宙人。

地球人は文明の低い種族と判断したようです。

 

「我々に有利に条約を結べそうだ・・・。」

そうほくそ笑んだ時、ふいっと現れたのはK。

 

「ちょっと待ってください、あなた方は誤解されてるようだ。

あれは我々の下僕です。」

 

そう言って宇宙人に証拠VTRを見せるK.

画面には猫ちゃんにごはんをあげたり、その他いろいろ

おトイレの片付けまでする人間の様子が映し出されています。

 

それを見て驚く宇宙人。

「確かに食事の給仕からトイレの清掃まで・・・。」

 

しかもそれだけではありません。

自分たちだけでは暑くても我慢して決してつけない

エアコンも、猫ちゃんのためならあっさりスイッチを

入れてしまいます。

冬になればもちろんストーブも。

これはもう間違いありません。

下僕決定です!!

 

さて、ここからいったいどうなるのか?

待て、次回!!

(すみません調子にのりました。期待しないでください。)

 

 

だいぶ寒くなってきました。

我が家でもついにストーブをつけてしまいました。

つけるとみーたんが寄ってきてころんと横になります。

 

あまりに幸せそうに寝ているので、暑くなってきても

なかなかストーブを消せません。

結局みーたんが水飲みとかで立ち上がるまで、

暑いのを我慢して待っています。

 

みなさんはどうですか・・・(;^ω^)

 

 

 

 

 

 こちらもどうぞ

www.poponta.blue

www.poponta.blue