ぼっちママは猫が好き

猫好きシングルマザーの雑記です。主に猫のことや子育て、日常の出来事などをマンガで描いたりしてます。

それいけNNN 未知との遭遇

前回は色々とみなさんの脳みそについて

お聞かせいただきありがとうございました(*^^*)

 

漢字をひとまとめにして覚えたり、

漢字を見ないと名前が覚えられなかったりするのが

自分だけじゃなかったことに喜びを感じております。

 

そして小説を頭の中で豪華俳優陣で映像化する仲間が

いてとてもうれしかったです。

 

どうやらタイプとしては映像化する派としない派に

別れるというよりは、その2種類が共存していて、

その割合が人によって違うという感じみたいですね。

映像派側寄りだとと私タイプ、そうじゃないとぼんタイプという

感じでしょうか。

 

以前聞いた話なんですが、小学校で

「紙にまるをかいてください。」

というと、ほとんどの子は丸く線を描くのですが、

中には「まる」と字を書いた子もいたとか。

 

あと、「キリン」と聞くと私はキリンの写真が

思い浮かびますが、ぼんはモザイクがかかったような

ぼや~っとしたキリンが浮かぶらしいですよ。

(ぼや~っとしてるので絵が描けないそうです)

 

本当に脳って面白いですね!!

 

 

 

 

さて、今回はNNNのKのお話。

指を挟む前に途中まで描いてたのがあるので、

それを載せますね。

多分次までには指は治ってるはず・・・(;^ω^)

 

なお今回ペンタブ握れないのでマウスでやってるため

雑ですが、お許しくださいm(__)m

(え?ペンでも雑?)

 

猫マンガ「それいけNNN 未知との遭遇

「ダメだ、坊やにはまだ早い」と言ってるK

「いつも子供扱いして!!」と怒るJ

「でもああ見えて、Kさんて伝説のエージェントなんだぞ」とJに言うA

「昔NNNが初めて地球外生命体と接触した時にな」と聞いて「え?」と驚くJ

 

・・・なんと、続きます!!!!

 (だってここまでしかないんだもん!!)

 

次回、私の指は治っているのか!?

 

 

 

 

最近MIB三作品をごらんになったたまご(id:nanakama)さん

ならおわかりでしょう(笑)

最初KはJのことを「坊や」っていうんですよね。

NNNのKもJのことをそう呼んでいるようです。

本家MIBのJと同じく、それが不満なJ。

 

「いつも子供扱いして、腹立つ~!!」

と怒っていると、それを聞いたエージェントAが

やってきました。

 

「でもああ見えてKさんて、伝説のエージェントなんだぞ?」

「伝説の?」

JはいぶかしげにAを見ています。

(なお本家MIBでもKは伝説のエージェントです)

 

 「電気設備課とかいうオチじゃなく?」

 (これに関してはこちらをぜひご覧になっていただきたい(笑)

とても面白くて大好きなネタです(*^^*) )

matome.naver.jp

 

 

そしてエージェントAの口からは予想外の言葉が。

 

「昔NNNが初めて地球外生命体と接触したときにな・・。」

 

 

次回、「未知との遭遇その2」

乞うご期待!!(なんちゃって・・・)

いやマジ、中指使えないとパソコン打つのも大変ですね(;^ω^)

 

 

 

 

 こちらもどうぞ 

www.poponta.blue