ぼっちママは猫が好き

猫好きシングルマザーの雑記です。主に猫のことや子育て、日常の出来事などをマンガで描いたりしてます。

MENU

別れることは辛いけど

猫マンガ「別れることは辛いけど」

f:id:mgpoponta:20190729114050g:plain

f:id:mgpoponta:20190729114100g:plain

f:id:mgpoponta:20190729114111g:plain

f:id:mgpoponta:20190729114120g:plain

f:id:mgpoponta:20190729114132g:plain

みーたんが来たときは、離乳直後だったみたいで

とても小さかったのです。

 

一応ケージを用意したのですが、入れたらとにかく泣く。

「泣く」んですよ。「鳴く」じゃなくて。

しばらくほっといたら慣れるかなとか思ったんですけど、

ずっと泣いてる。

声がかれちゃうんじゃないかってくらい、ずっと鳴いてるんです。

このまま鳴き続けたら体力を消耗しちゃうんじゃないか?

そんな危機感もあり、仕方なくみーたん無罪放免。

 

トイレも失敗することなく、とってもいい子。

とにかくそばに来て私にくっついてました。

きっと今までさびしかったんだね。

 

しかし、寝るときはちょっと心配です。

この調子だと寝る時も私にくっついて寝るだろう。

もし寝返りうった時に下敷きになったら・・・・。

 

やっぱり危険なので、寝る時だけは離した方が

よさそうです。

 

そういうわけでみーたんは居間に残すことに。

室温も25℃設定、ほかほかマットも用意して準備万端。

一方私の部屋は暖房なしの冷え冷えです。

(人間だけだと暖房をケチる)

 

「じゃあね、みーたん。おやすみ。」

そっとふすまを閉めようとすると、気付いたみーたんが

走ってきてこちらに入ろうとします。

「だめだよみーたん、こっちは寒いよ。」

みーたんをふすまの向こうに押し返します。

しかし、みーたんはあきらめません。

みゃー!みゃー!みゃー!

必死で手を入れて中に入ろうとします。

 

「だめだよみーたん、一緒には寝られないんだよ。」

 

みゃー!みゃー!みゃー!

必死で鳴くみーたん。

 

もう切ないのなんのって。

みーたんからしたら理由がわからないわけです。

 

なんでおかあたんはそっちに行っちゃうの?

みーたんもそっちに入れて。

 

みゃー!みゃー!みゃー!

 

こんな辛い毎日を、みーたんがもう少し大きくなるまで

必死で耐えてきましたね。

 

もちろん今はもう十分大きくなったので、一緒に寝てます。

 

ほんとあの頃は小さくてかわいかったなあ~(*´ω`)

 

その頃のみーたん。

f:id:mgpoponta:20190729120359j:plain

 うう、なんてかわいいんだ・・・!!

 

 

 スポンサーリンク